ECサービスでは、愛知県大府市でエアコン取り付け、取り外し工事を行っております。

地理

麓の大倉公園と頂の桃山公園とを結ぶ坂道(ガンジ山)

大府市中心部周辺の空中写真。
1987年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

市域の大部分は新第三紀鮮新世に形成されたなだらかな丘陵である。また市の東部を境川が、市のほぼ中央部を鞍流瀬川が流れ、小規模な沖積平野を形成している。
市域の丘陵部は、戦後愛知用水が開通によりその大部分が急激に園芸用地や住宅地へと変貌を遂げたが、市北部の丘陵部などには広大な森林も残されている。また猿投山古窯址群に含まれる、古代から中世にかけてのおよそ100の古窯址がある。
市域の沖積平野の大部分は、江戸時代に行われた衣ヶ浦の干拓によるものである。現在市域は海に面していないが、かつては沖積平野と丘陵部のたもとまで遠浅の海が入りくんでいたと考えられ、大府市が知多地域に分類されるのもこのためである。1959年伊勢湾台風2000年東海豪雨の際には、こうした沖積地の大部分は冠水し、その被害は甚大であった。なお、市内の北崎町内には近崎(ちがさき)という地名が残っているが、これは当時の近崎付近が衣ヶ浦に面した岬であり、辺り一面には茅(ちがや)が生い茂っていたことに由来する。かつて近崎は、亀崎(現半田市内)・鳶ヶ崎(現知多郡南知多町内)と並んで「知多三崎」と称された。現在、沖積平野部の大部分は水田用地で、一部は工業用地や住宅地としても開発が進んでいる。
市域は、北部が名古屋市に、東部が三河地方に接し、南部が知多半島に臨み、古くから交通の要衝として発展してきた。現在では国道155号・366号、県道57号などの主要道が市内を横断し、北部には伊勢湾岸自動車道、国道23号が東西に走り、西部には知多半島道路が南北に走っている。
鞍流瀬川に沿ってJR東海道本線が走り、大府駅からは武豊線を分岐する。
市の玄関口である大府駅東側は、1969年から区画整理を進めて駅前ロータリーや道路を整備し、大型商業施設「オスカ」や1991年に90店あった大府中央通商店街などが買い物客でにぎわっていたが、マイカー社会の進展で郊外型商業施設の立地が進んで客足が減少し、 衰退した[1]。 市街地は大府駅と共和駅を中心に発展している[2]

引用元:ウィキペディア 大府市

お気軽にお問い合わせください。電話にて折り返し希望のお客様は、電話予約フォームからお願い致します。ecs_nagoya@yahoo.co.jp24時間メール・LINE受付

フォームからのお問い合わせ・ご予約はこちら