ECサービスでは、愛知県半田市でエアコン取り付け、取り外し工事を行っております。

概要

1937年(昭和12年)、半田町亀崎町成岩町合併に伴い成立した市である。愛知県内では6番目、知多半島で最初の市制施行であった。その後は新たな合併を経験せず現在に至っている。

江戸時代中期から本格化した醸造業の成長とともに、港湾都市として発達した。明治以降は知多半島における行政の中心となる。太平洋戦争後には鉄鋼自動車関連産業などの製造業も進出している。名古屋市郊外に位置するとともに、知多半島中部における一定の拠点としての性格も持つ[1]

1958年(昭和33年)、市議会にておこなった「原水爆実験禁止並びに核兵器持込み反対核非武装宣言」に関する決議により、日本で初めて非核を宣言した市であり[2]、市制55周年の節目である1993年(平成5年)「非核・平和都市宣言」決議をおこなった[3]

2005年には隣接する常滑市中部国際空港が開港し、新たにこの地方への営業所の設置を図る企業も多かったが、常滑市内では十分な受け入れ体制が整っていなかったため、代わってこの半田市内に拠点を置く企業が多い。これは企業というより住居についてであり、知多半島の高校の約3割程度が当市に集中している事から子弟の教育の面で半田を選ぶ傾向があるが、単身者向けの住居は常滑市内に多くできてきた。

知多地区には知多市があるが、半田市が知多地区の中心として位置付けられてきた経緯から、「知多」の名を冠する企業や団体の中には当市に存在するものも多い。

ごん狐』などで知られる童話作家新美南吉の出身地でもあり、市内には新美南吉記念館があるほか、記念館周辺には童話にちなんだ花畑なども広がっている。

引用元:ウィキペディア 半田市

お気軽にお問い合わせください。電話にて折り返し希望のお客様は、電話予約フォームからお願い致します。ecs_nagoya@yahoo.co.jp24時間メール・LINE受付

フォームからのお問い合わせ・ご予約はこちら