ECサービスでは、愛知県安城市でエアコン取り付け、取り外し工事を行っております。

概要

愛知県のほぼ中央に位置する内陸部の都市で、愛知県では8番目の人口を有する。1906年碧海郡安城村と周辺8村で町制を施行、1952年に愛知県で13番目に市制を施行した。毎年夏に開かれる安城七夕まつりで知られる。

明治時代明治用水の開通により大規模な開墾が行われ、農業の先進的な取り組みが行われたことから、1920年代から1930年代にかけて、農業先進国のデンマークに譬えて「日本デンマーク」と呼ばれた(現在では「日本のデンマーク」と書いている文書も多くあるが、当時はこの呼称が用いられた)。現在は、自動車工業を中心とする機械工業が盛んである。

市名は、ニュースなどでは「んじょう」と呼んでいるが、地元では「あんじょう」と「じょ」にアクセントをおいて呼んでいる。

地理

安城市中心部周辺の空中写真。
1987年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

名古屋市の南東約30kmに位置し、南北に14.7km、東西に10.0kmの市域を有する。

岡崎平野の中央、矢作川の西岸に位置し、市域の大半を旧藤岡町から三河湾へと続く洪積台地がなだらかな傾斜を描いて縦断している。一方、市南東部は矢作川や矢作古川によって形成された沖積平野が広がっている。そのため、市内の最高標点が27.7m、最低標点が0.5mと高低差は極めて小さい。

河川は猿渡川高浜川、矢作川の水系から成る。市内には、一級河川が3、二級河川が9、準用河川が29河川ある。市の東には西鹿乗川が流れ、市南東部で鹿乗川と合流する。また、市の各所には明治時代に開削された明治用水の4本の幹線・支線が流れ、それぞれ刈谷市知立市西尾市などの近隣都市まで続く。市南西部の碧南市との市境には汽水湖油ヶ淵があり、長田川稗田川朝鮮川などが流れ込む。

市街地安城駅を中心とする市北部に形成されており、それ以外の地域には集落が点在している。交通は、国道1号国道23号といった幹線道路が東西を横断し、東海道新幹線東海道本線名鉄名古屋本線という県内の東西を結ぶ鉄道路線も通る。

土地利用では、2009年の統計によると、面積86.01km²のうち、が32.33km²と市全体の約40%弱を占め、は6.30km²で約8%になり、市域の半分弱が田畑に利用されていることになる。しかし、近年は宅地の造成が進んでおり、田畑の減少に代わって宅地の土地利用が増えている。宅地面積は22.75km²で26%を超えている[1]

引用元:ウィキペディア 安城市

お気軽にお問い合わせください。電話にて折り返し希望のお客様は、電話予約フォームからお願い致します。ecs_nagoya@yahoo.co.jp24時間メール・LINE受付

フォームからのお問い合わせ・ご予約はこちら