ECサービスでは、愛知県豊田市でエアコン取り付け、取り外し工事を行っております。

愛知 エアコン取り付け 愛知

私が、伺います!

お世話になります。ECサービス 店長の牧野です。
当店は、愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県の東海3県でエアコン取り付け・取り外し・クリーニング・修理等を行っている業者です。
接客業・営業経験を活かしたお客様の立場に立ったサービスを心掛けております。
愛知県豊田市のお客様、エアコンのことはお気軽にお問い合わせください!!!

業務内容

下記は当店の主な業務内容です。愛知(名古屋)・岐阜・三重県にて対応させていただいております。

エアコン取り付け・エアコン取り外しエアコン修理・ガス補充エアコンクリーニング
エアコン取り付け・取り外しエアコン修理・ガス補充 愛知・岐阜・三重県でエアコンクリーニング
当店のエアコン取り付けは、
★新品エアコン・中古エアコン標準コースですと、配管4m迄・穴あけ1箇所・プラブロック(室外機架台)が基本料金込み
エアコン取り付け中古エアコン11000円税込~・新品エアコン12000円~ですので安心♪
★中古エアコン取り付け工事は、8000円~(配管別途。対応条件有り)でお得♪
当店では、エアコンが冷えない・温まらない・水が漏れる等の症状が出た場合に修理を行っております。
また、エアコンの効きが悪くなった場合のガス補充を行っております。
当店では、家庭用エアコンの壁掛けクリーニングを行っております。
高圧洗浄機を使ってエコ洗剤にて作業を行います。
料金は7000円税込~
※エアコンの機種によって料金が変わります。

 

エアコン取り付け基本料金について

 料金
中古エアコン基本工事料金111000円
中古エアコン基本工事料金212000円
中古エアコン基本工事料金313000円
新品エアコン基本工事料金112000円
新品エアコン基本工事料金213000円
【追加】冷房能力3.6~5kw未満+2000円
【追加】冷房能力5kW(主に16畳用)以上+5000円
エアコン取付時には上記費用が発生致します。
また、お客様の環境によって別途料金表ページの追加料金が発生する場合がございます。

 

出張費無料地域

下記記載の市町村が出張費無料のエリアです。
こちらに記載のない市町村にお住まいで下記対応地域一覧に記載の市町村にお住いの場合は、別途出張費を頂戴する形で対応可能です!


対応都道府県対応市町村
愛知県愛知郡東郷町 / 瀬戸市 /長久手市 / あま市 / みよし市 / 弥富市 / 北名古屋市 / 清須市 / 愛西市 / 西春日井郡豊山町 / 半田市 / 丹羽郡大口町 / 丹羽郡扶桑町 / 春日井市 / 豊川市 / 名古屋市北区 / 名古屋市西区 / 名古屋市中村区 / 名古屋市中区 / 名古屋市昭和区 / 名古屋市瑞穂区 / 名古屋市熱田区 / 名古屋市中川区 / 名古屋市港区 / 名古屋市南区 / 名古屋市守山区 / 名古屋市緑区 / 名古屋市名東区 / 名古屋市天白区 / 名古屋市千種区 /名古屋市東区 / 津島市 / 碧南市 / 稲沢市 / 小牧市 / 江南市 / 北設楽郡設楽町 / 北設楽郡東栄町 / 北設楽郡豊根村 / 常滑市 / 犬山市 / 蒲郡市 /西尾市 / 安城市 / 豊田市 / 刈谷市 / 東海市 / 大府市 / 知多市 / 知立市 / 尾張旭市 / 高浜市 / 岩倉市 / 豊明市 / 日進市 / 海部郡蟹江町/ 海部郡大治町 / 海部郡飛島村 / 知多郡東浦町 / 知多郡阿久比町 / 知多郡南知多町 / 知多郡美浜町 / 知多郡武豊町 / 岡崎市 / 新城市 / 額田郡幸田町 / 一宮市
岐阜県岐阜市 / 大垣市 / 多治見市 / 関市 / 美濃市 / 瑞浪市 / 羽島市 / 美濃加茂市 / 土岐市 / 各務原市 / 可児市 / 瑞穂市 / 本巣市 / 海津市 / 安八郡安八町 / 安八郡神戸町 / 安八郡輪之内町 / 羽島郡笠松町 / 羽島郡岐南町 / 加茂郡坂祝町 / 可児郡御嵩町 / 不破郡垂井町 / 本巣郡北方町 / 揖斐郡大野町 / 揖斐郡池田町 / 恵那市
三重県四日市市 / 桑名市 / いなべ市 / 員弁郡東員町 / 桑名郡木曽岬町 / 三重郡菰野町 / 三重郡川越町 / 三重郡朝日町 / 津市 / 鈴鹿市

豊田市(とよたし)は、愛知県北部西三河地方)に位置するで、中核市である。トヨタ自動車本社を置く企業城下町として有名であり、愛知県下で人口は名古屋市に次いで2位、面積は県内で最も広い都市である。

濁音で「とよ」と誤読される事があるが、正しくは清音で「とよ」である。ただし、市名の由来であるトヨタグループの創始者豊田佐吉や一族の姓は「とよ」と濁音である。

 

概要

中心部の挙母(ころも)は、近代以前三河国加茂郡に属し、江戸時代には挙母藩内藤氏2万石の城下町であった。1951年には挙母市(ころもし)として市制を敷いたが、1959年1月1日に豊田市に改名された。

2005年4月1日に6町村の編入によって、市域は南部の平坦地の旧碧海郡上郷・高岡と挙母(ころも)・足助・猿投を主体とする旧加茂郡の大半に及ぶ広大なものとなり、岐阜県長野県に接している。平成の大合併により人口は36万人から42万人に増加し、豊橋市を抜いて県下第2位となった。面積も290.12㎢から918.32㎢と3倍以上に拡大、愛知県全体のおよそ20%を占めるようになった。

名称

市名の「豊田(とよた)」は、市内に本社を置くトヨタ自動車と、同社の創業者一族の姓「豊田(とよだ)」に由来する。豊田姓は遠江国豊田郡(現静岡県磐田市北西部や、静岡県浜松市天竜区南部付近)に由来すると思われる[注釈 1]

豊田喜一郎[注釈 2]が会社を創業する際、工場の建設地を挙母市にするか、大府市にするか、もしくは碧南市にするかで大いに迷っていた。しかし当時の挙母市はまだそれほど発展しておらず、他の2市に比べ格段に安い土地価格が地元から提示されたため、現在地に会社を建てることを決めたという。

市制を敷いた当初は、「挙母市」という名称であった。しかし、自動車産業が本格的に軌道に乗り始めた1958年、商工会議所から市宛てに市名変更の請願書が提出された。理由は、挙母市が全国有数の「クルマのまち」に成長した点と、地名の「挙母」が読みにくいという点であった(「挙母(ころも)」が長野県の「小諸(こもろ)」と混同されることもあった)。「挙母」という地名には古代以来の歴史があって愛着を持つ市民も多く、一時は賛成と反対で市を二分するほどの論議が展開されたが、1959年1月、名称が「豊田市」に変更された。

同じように自動車産業が盛んな鈴鹿市の場合は別で、本田技研工業鈴鹿製作所の建設当時、市側が本田技研工業に対し「本田市」へ市名を変更する意向があることを伝えたが、古来より伝統ある市の名前を一企業の名前に変更すべきではないという創業者本田宗一郎の考えに則って、本田技研工業側が丁重に断ったという逸話がある。

なお、日本の市で、明確に私的団体に由来する市名を持つのは、この豊田市と宗教都市である奈良県天理市のみである。

ただし、市名こそ豊田市と変わったものの、「挙母」の名は市内町名の”挙母町”と”上挙母”、施設ではトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の豊田市所在のディーラー「レクサス挙母」愛知環状鉄道線「新上挙母駅」、「挙母神社」、「挙母小学校」、挙母城(七州城)名古屋鉄道三河線上挙母駅」など、挙母地区に残っている。また市章も、挙母市時代に制定したものを現在も使用している。

引用元:ウィキペディア 豊田市

お気軽にお問い合わせください。電話にて折り返し希望のお客様は、電話予約フォームからお願い致します。ecs_nagoya@yahoo.co.jp24時間メール・LINE受付

フォームからのお問い合わせ・ご予約はこちら